トカゲ台風
今年は日本列島に襲来した台風が異常に多かったが、
このたびの23号は各地で甚大な被害を出したようでお見舞い申し上げます。

そんなときにこういう話はアレですが、
9月に台風21号が来た時のこと。

西日本に大雨が降って、鉄道があちこちで不通になっていた。
私は大阪からJRの新快速で西へ向かっていた。

途中で車内アナウンスが入る。
「お客様にお知らせいたします。大雨の影響で現在網干(あぼし)駅以西の運転を見合わせております。
この電車も本日は網干までの運転となります」

私の降りる駅はその手前なので、なんとかたどり着けるようでやれやれと思っていた。

そのとき、シートに座って時刻表を調べていた初老の男性が、
目の前に立っていた私に話しかけてきた。

「すいません、アボシいう駅はどこになりますのやろ」

網干にはJRの電車区があって、「網干発」「網干行」の電車も多いが、
確かに「あぼし」とは、土地の人以外にはわかりにくい読み方である。

私は時刻表を一緒に見ながら、「ほらここ、姫路の2つ先の駅ですね」と教えてあげた。

その人は丁寧にお礼を述べた後、
「ふーん、この字でアボシなんですなあ。
網(あみ)ゆう字は『あぼ』と読むんですかー」

と一人納得していた。

いや、「あぼ」は違うんじゃないかと思ったが。

「布袋のホテは麻布のザブと一緒の字だねえ」
みたいな落語の一節があったかと思いながら、
笑いをこらえて「そうですねえ」などと話を合わせていた。

そのばちが当たったのか、
電車を降りたら駅前広場は一面水があふれており、
一歩踏み出したらくるぶしの上まで水が来る。
覚悟を決めて家まで歩いて帰ったが、通る交差点が
みんなそんな状態で、
履いていた革靴をダメにしてしまったよウワァァァァン


トカゲ台風というタイトルの由来はこちらを参照。
台風21号は「メアリー」だったようです。

この記事はこちらから移転しました
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-10-22 00:48 | よしなしごと


<< レタスのお値段 キングカメハメハが屈腱炎 >>