続・燃えプロ
17年前のゲームに文句つけても仕方ないのですが。(昔話)

数々の謎仕様は寛大な心で許せたとしても、
燃えプロで一番がっかりしたところは
「一試合終わらせるのにやたら時間がかかる」こと。
ファミスタならてきぱきやって10分ちょいで一試合終わってたのに、
こちらは余計な演出が長くてテンポが遅く、倍以上の時間がかかった。
すぐ飽きられるのも仕方ありません。
また、画面が切り替わる時にBGMが一瞬停まってしまうのも非常に鬱陶しかった。
(音が消える、じゃなくて停まるのである。子どものリズム感狂うぞ)

当時友人が見つけた謎現象。
ヤクルトかどこかに異様にひ弱な投手がいて、何球か投げるとすぐスタミナ切れになる。
ところがスタミナ切れになった彼は対COM戦では無敵になるというのである。
彼の投げる超スローボールにCOMの打者がタイミングを取れず、
ボールが着く前にクルクル空振りし、
全員空振り三振パーフェクトゲームができるのだそうだ。
一度実演してもらったが、確かに全員空振りしていた。
打てばホームランの打者でも、バットに当たらないことにはしょうがない。

しかし、この技をやるとただでさえ長い試合時間がさらにさらに長くなるのであった。。。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-01-24 18:30 | よしなしごと


<< 着ぐるみ強盗 阪神辻本くんの苦手なもの >>