子供は親を選べない
あちこちでリンクされている
「かわいそうな名前をつけられてしまった子供一覧」

本当にかわいそうな
>端穂(みずほ。瑞穂でなく)
ちゃんには同情する。「三浦知良」系でしょうか。

「天使(えんじぇる)」ちゃんというのが挙がっている。
私の住む市の広報紙に、市民自慢の我が子を紹介する定番コーナーがありますが、そこで「天使(あんじぇ)」ちゃんという女の子が紹介されていてのけぞったことがあった。「えんじぇる」よりもハイブロウだ。何が。

フィギュアスケートの「安藤美姫」も、大会で活躍しなければ「おこがましくてかわいそうな名前」扱いされていたかも知れない。スケートが上手でよかったねと思う。

子供の名前はすべて親の責任ではあるのですが。

ところで私の親類にも妙な話がある。
私の2歳違いの親類の一人、命名したのは親ではないそうだ。
親が考えた名前があって、祖母がそれを持って出生届を出しに行ったのだが、役所に行く途中に「きれいなお天道様を見てひらめいた」と、全然違う名前を届けて帰ってきたという。
最初に考えていた名前が何だったのか、今も教えてくれない(そりゃそうか)。
でも、代わりにつけられたという今の名前も素敵だと思います。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-22 18:51 | よのなか


<< マイカー退院 ブログの書籍化(続) >>