科学知識と科学常識
文系の自分が書いた前のエントリに、科学をなりわいにしている方々からトラックバックをいただいて感謝するとともにびっくりしています。コメントにするのも長いので別エントリを立てました。

とその前に私の科学履歴を少し。
昔は父(理科の教師)の影響もあり科学好き、小学生の時は父が顧問をしている高校の天文部の「夜通し皆既月食を見よう会」に潜り込んで、NHKラジオの気象通報(イヅハラでは北東の風、風力4…)を聴いて天気図を書いているような子供だった。愛読書は家にあった「玉川新百科」に「ライフ・ネーチュア・ライブラリー」。
ところが高校生の時に物理の教師が私の期末試験の答案を紛失して「点数なし」になってしまい(僕のせいじゃないのに何故だ)、すっかりやる気をなくして文転、大学は経済学部に進学、就職は一般会社、で現在に至る。

「玉川新百科」は自分が引き取って本棚に並べていたのだが、阪神大震災の時にそれが頭上に落下してきて死ぬかと思った。



で、感じたのは「科学常識」とされているものと「正しい科学知識」との間のずれでしょうか。

放射線と放射性物質と放射能のような用語は「だからこれは常識で判断してね」と言われているようで、これらを混同してしまうあたりがまさしく現在の「科学常識のレベル」なのだろうと逆説的に思います。ただ、「放射能」と書かれていたら文脈を読んで「ああ放射性物質のことね」と勝手に読み替えて回答してしまうのも「ニホンの科学常識」の範疇なんでしょう。記者の人も文科省の人も、そういうレベルの常識はお持ちなのでしょう。「それは科学的思考ではない」と言われたら全くその通りですが。
表現が正確ではないよと指摘されるのは、現在(の日本)では「常識を越える知識」をお持ちである証なのかなあと。私も指摘されて気がついた口です。また、この問題に正解した人で指摘の意味自体が分からない人だって多いんでしょうね。

原子の構造も、「陽子と中性子からなる原子核の周りを電子が回っている」というのが常識的イメージで、「いや量子力学の成果からすると正しくはそうじゃなくてね」という指摘は正しいけれどもまだ常識とまでは言えないんじゃないでしょか。

「我々が呼吸する酸素は植物から作られた」というのは、科学の常識が何かを試されていそうです。これに「はい」って答える人は、「人間を生かすために神様がお与えになった」と考える人よりは幾分科学的だけれど、「酸素ってそもそもどっかの星の中で造られたんじゃね?」「それは酸素原子で分子とは違うんじゃね?」という疑問にまでは及ばない。(黒影さんのところのコメント欄でのやりとり、べんきょうになりました)
そのへんの思考を最初から排してしまうのが一般的科学常識というやつの限界なんでしょうな。そういう疑問を突き詰めていくとこも科学の面白さだろうと思うんで、自分も含めて大変もったいない気がしました。

というわけでアバウトに考えた私は特に悩まずに全問正解しました。というより、自分の常識のレベルが出題者の考えるそれと合っていると言うべきなのかも。いいのかそれで。
普通に社会生活を送る分にはそれで良いのでしょう。

科学の発展には「常識にとらわれないこと」こそが大事だと思います。じゃあ文科省は何がしたいのだということにもなりますが、
記事によると、目的とするところは「身につけるべき科学技術リテラシー像の策定」だそうなので、要は「波動ナントカのような怪しげな疑似科学に引っ掛かって被害に遭う」ことが回避できれば生きていく上ではOKじゃないかと。「だまされないように法律のことも知っておこう」のような。でもマイナスイオンドライヤーを買った私が言っても説得力はありませんね。

で、常識問題の話。
できれば応用編も世界中で調査してほしい気がする。

「緑茶はガンに効く」
「マイナスイオンは身体にいい」
「石油はいくら消費しても枯渇しない」
「エイズは同性愛者の病気である」
「血液型が人間の性格を規定する」
「毎月分配型投資信託『グロソブ』は有利な金融商品だ」

常識として正しいのは、そして本当に正しいのは。
私が考えたら、どれも非科学的な設問になってしまった気もしますが。

さて大人はそれとして、文科省が目指しているであろう理科好きの中高生を増やすには、
●「ライフ・ネーチュア・ライブラリー」を復刊させること
●答案用紙を紛失するような粗忽な物理教師は雇わないこと
が必要だと思います。
全くまとまりがありませんがこれが結論ということで。tbありがとうございました。

####
昔、雑誌の広告によくあった「Dr. キャッツポー」という記憶力がつくだか頭が良くなるだかいう触れ込みの謎の機械が気になって仕方なかった。でもさすがに子供心に怪しいと思ったので、親に「買ってくれ」とは言わなかった。
夏休みに従兄の家に遊びに行ったら何とその機械があった。なんとも言えない気分になったorz。
「これって効き目ある?」「そんなんあるわけないわ」。
使い方が悪かったのでしょうね、きっと。
今でもあるんだろうか、Dr.キャッツポー。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-05-11 00:23 | よのなか


<< ソフトバンク・ブレーブス またやってるマリーンズ >>