声に出して読みた・(くな)い…
Wikipediaはその内容が玉石混淆なのは周知の事実であまり文句を言うのも何なのだが、それでも科学の専門分野にこういうのはどうかと思う。

あるとき、調べ物(死語?)をしていて、脱線してWikipediaの迷宮に踏み込んでしまった。そこで見つけたのが

周期表 - Wikipedia -

周期表自体の解説もそこそこに、「覚え方(語呂合わせ)」に突入してこれが記事全体の半分以上を占めている。挙げられている語呂合わせの数が58個。「水兵リーベ…」だけで亜種含めて13個もある。
なんなんだ、これ。(編集履歴を見ると、あとからどんどんどんどんどんどんどんどん付け足されたようだ)

困ったことに、こういう語呂合わせで暗記しようとあがくのは中高生なんで、文もそこはかとなくエロい、いやエロまではいかない「お下品」なイメージが頻出する。
そういう自分もハロゲン元素を「ふっくらブラジャー愛の跡」なんて覚えた口だ。周期表と関わりない職業に就いた今でも覚えている。そりゃ力入れて暗誦していたもんな。こういうのこそが「声に出して読みたい日本語」代表選手だ。あと希ガスを「変な姉ちゃんある日車でセックス乱交」とか。あ、この文はWikipediaには載っていないから、あとで追加しておこうか。…ということではなくてですね。

同じこと(下品)を感じた人は他にもいらっしゃるようで、そのへんの議論はWikipediaのノートでも見ることができる。
下品なことを書き込むことが目的でないのを了解しつつも、バランス的には「下品だらけかよ(笑)」と、思ってしまいました。隠語・符丁の類なので、そちらに偏る傾向があるのでしょうな。
ノート:周期表

ネットには「理系男がもてない理由」についての論考がいろいろあるけれども、もてたい理系男さんはWikipediaのこの項目を「傾向がある」で済まさずになんとかすることも必要ではないですかね。こういうのを放っているのを見ると「くー脇が甘めーな」と思ってしまう。

ちなみに英語版Wikipediaの周期表(Periodic table)の記述は、当然ながら全然違う。
Periodic table - Wikipedia, the free encyclopedia.


(追記)
その後周期表の覚え方 - Wikipediaとして項目が独立した。編集ノートを見ても詳しく書かれていないけど、まあいろいろあったのかな。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-07-25 20:11 | よのなか


<< あぁやっちまった 「拙ブログ」て >>