記憶の中の1985.8.12
日航機の事故から明日で20年になる。夏休みの月曜日だった。
21年ぶりの優勝に向けて走り続ける阪神タイガースは「死のロード」中。
この日は試合があったかどうかよく覚えていない。月曜なので移動日だったかも知れない。

22時になったので僕は勉強の手を休めてラジオを点ける。明石家さんまのMBSヤングタウンが定刻通りはじまった。
(知らない人のために。ラジオ番組。22時〜24時40分)
ところが、さんまをはじめとする出演者の声のトーンがいつもと違う。
大きな飛行機事故が起きたらしい。
NHK7時のニュースの一番最後に、「日航機の機影がレーダーから消えたとのことです」とアナウンサー(松平定知?)が言っていたあれのことだろうか。
たびたび番組が中断して、臨時ニュースが入る。
さんまはいつも、毎週月曜日の放送前に東京から大阪へ飛行機で来るのだが、事故に遭った便もしょっちゅう使っていたそうだ。
「もう、さっきからなんか震えが止まらんのですよ」なんて言っている。全然さんまのキャラクターじゃない。
そうこうしているうちに番組は早々に打ち切られ、ラジオでもニュース特番に変わった。
僕は勉強部屋から居間に下りていき、ついているテレビを見た。
史上最悪の事故になるかも知れないとのことだった。
(続かない)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-08-11 01:14 | よしなしごと


<< タイガー&ドラゴン プーチン >>