カテゴリ:4月1日( 2 )
競走馬に「ナマコ」食わす(BJニュース)
【ライブドラ・BJニュース 04月01日 滋賀県】-滋賀県粟東町の競走馬育成施設・粟東トレーニングセンターで、カイバに高価な「ナマコ」を秘かに混ぜて馬に食わす行為が発覚し、関係者に衝撃を与えている。

 問題の馬は瀬戸口厩舎所属のウインマジェスティ号(牡3歳)。周囲の期待は高いものの、昨秋のデビュー以来7戦未勝利であった。先週日曜日のレースも5着に敗れたが、レースの後で調教師が口にした「なんだかまだまだナマコやなあ」という嘆きを不審に思った厩務員が厩舎を徹夜で監視。レース2日後の深夜、厩舎に忍び込んでカイバ桶に何やら入れていた不審な男を目撃、捕まえて問いつめたところ、ナマコを仕込んでいたことが明らかとなった。

 「ファン」と名乗るこの男(35)は「何とか勝ってもらおうと栄養価の高いナマコをプレゼントした。今は反省している。もうしません」と答えたという。男はナマコと一緒に「なめこ茸」も所持していたが、こちらは与えなかった模様。厩務員はウインマジェスティに男を一発蹴飛ばさせ、3時間説教した後解放した。

 競走馬にナマコを与えるのは違反行為ではないが、馬の気性に影響を与え、走る気をなくさせるという説が最近有力である。話を聞いた瀬戸口調教師は一瞬絶句し、「この馬はクラブ所有なんやが、やたらと『カンヅメカンヅメ』とやかましい失礼な一口馬主もおるしなあ。難儀やな」と話した。

 とはいえ、不調の原因を取り除いたことで陣営は一安心、「次走は一変するぞ」と期待を寄せている。ウインマジェスティ初勝利の日も近そうだ。【了】

ライブドラ バブリック・ジャーナリスト gyogyo6
この記事に関するお問い合わせ先: aprilfool@gyogyo6.net

参考記事
投資ちゃんねる: 冬のマジェスティ 完
ライブドア・PJニュース
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-04-01 11:20 | 4月1日
「プロ野球スピリッツ2」は面白い(?)
やきうゲームはファミスタ(ファミコン!)世代なもので、最近のリアル志向のゲームはフーンと眺めるだけなのだが、気になるゲームを見つけた。

それはコナミのPS2用ゲーム「プロ野球スピリッツ2」である。

サイトの説明によると、こんなモードで遊べるらしい。
自分がチーム内のひとりの選手として試合に参加する「選手モード」

ほほう。自分が投手や内野手になって、その選手の視点で一人だけを操作すると言うわけだね。攻撃は打順が回ってくるまでベンチで応援するんだね。面白そうだな。内野は忙しそうだな。指名打者だと恐ろしく暇そうだが。

これは面白そうだ。発売は来週らしいのだが、いてもたってもいられなくなった私は裏のゴミ捨て場に偶然落ちていたサンプルROMを拾ってきてこの「選手モード」を遊ぶことにした。

選んだ選手はもちろん、阪神タイガースの「秀太」である。

スタートボタンを押してゲーム開始。試合が始まってもベンチに座ったままの秀太。ああそうか、彼がスタメンのはずはないな。
ゲームに参加しないまま、試合は一進一退の攻防を繰り返す。
6対6のタイスコアで迎えた7回の裏、一死から代打の片岡が四球で一塁へ出る。
さあ、出番がやってきた!
「ファーストランナー、片岡に代わりまして 秀太」

リードを取り次の塁をうかがう代走の秀太。
とそこに鋭い牽制球が。「アウト!」

代走のスペシャリストでプレイするのはなかなかつらい。
もう出番が終わってしまった。
試合結果は9対8で阪神がサヨナラ勝ちしたらしい。

2試合目が始まる前に、ゲームがフリーズしてしまった。
どうやら、あの牽制死のせいで即二軍落ちを通告されたようだ…。

と、野球人生の機微を味わえるこのゲーム。
皆さんも是非遊んでみてはいかがだろうか。

(という架空プレビューのテスト)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-04-01 00:46 | 4月1日