カテゴリ:よしなしごと( 58 )
告白
Slashdot.jpで「脆弱性」を「きじゃくせい」と読んでしまう人という投稿から派生して誤読の話になっていたので
私も告白してみる。

殊勲賞を「しくんしょう」と思っていたのはつい先日までです。
子どもの頃、相撲の中継でアナウンサーが言ってたのをそう聞いてずっと信じていた。

本気で「しくん賞(←なぜか変換できない)」の世界でした。
というか「しくん」で辞書登録してたし…orz

私の母は「奪三振」を「ぼうさんしん」と読んでいた。何でだろう。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-22 00:12 | よしなしごと
ベリー・ファースト・インプレッション
プレイ日記にはしませんが、多大なインパクトがあったので遅ればせながらエントリー。
世間からは一月ほど遅れて、ドラクエ8をプレイしました。といってもまだ最初の町から出ていないんですが。

最近はゲームに割く時間がめっきり減ったとはいえ、年に1~2本は新作ゲーム(ただし時間のかかるRPGはしない))で遊ぶし、ゲーム雑誌(CONTINUEですが)も時々読むので現役感はあったつもりなのだが、「あの」ドラクエがここまで変わっているとは正直想像外でした。「五十路のドラクエ」の親父氏に激しく共感です。
しかし、変わるならこの方向かという漠然とした予想はあって、それが目の前に実現しているという驚きはファミコンの「I」から付き合ってきた身にとっては感慨深いものがあります。トゥーンシェイドってここまで自然に見せられるのね…。最初の町へ向かう場面で早くもポカーンです(感動の閾値が低い)。
これまでの、「階段にキャラを重ねたらザッザッザッと音がして画面が暗転」じゃなくて、本当に階段を上っていくんですよ! 1段抜かしくらいで! と今ごろ興奮して書くのが滑稽なのはわかってますが、書きたくなるんですよこの目で見たら。

あまりに世界の構築が見事すぎるので、小さな子ども達にはかえって想像力の翼を奪ってしまうようで怖い。何も、ドットキャラの動きだけで展開される画面を見て脳内補完する想像力を養えなんて時代錯誤なことは言いませんが、子どもにはもう少しシンプルな作りのゲームがいいのではないでしょうか。

という私は、以前は「18歳未満はゲーム禁止」論者でした。今は少し柔軟になって「中学生以下はゲームボーイ(系)にしとけ」って感じです。

まだ序盤の序なので、ストーリーテリングの妙も演出の巧も出てきません。これからが非常に楽しみです。
はぐれメタルはまだか。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-21 18:15 | よしなしごと
買ってきたのだけど
3つ前の記事に書いたとおり、金曜日にドラクエ8を買ってきたのですが、頭痛と歯痛でそれどころではなく、いまだパッケージすら開けていない。
痛恨の一撃を食らってます。

#ちなみに普通に売っていた。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-20 00:55 | よしなしごと
三木谷さん
この人がいる場所ってのは、
一橋大学→興銀→ハーバードビジネススクール
というキャリアがコンプレックスにしかならない世界なのね。
フーンとしか言いようがないけれど大変だな。
(以上個人メモ)
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-17 18:29 | よしなしごと
五十路のドラクエ8
2ちゃんねるの良スレ。
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1102280025/-100

50代のオヤジが25歳の息子と一緒にドラクエ8をプレイする模様を
息子が書き綴っていく。その語り口がいい。

「ひとくいばこやとぉぉ!? またそんなやつがおるんか! まったくもう!」
こんだけ反応してもらえれば、ひとくいばこも本望だろう。

このオヤジさんに萌え。自分も同じこと言いそうだ。
…やばい、猛烈にやりたくなってきた!
200レスあたりまで読んだところでネタバレ防止のため読むのを一時中断。
ソフト買ってこよう。(普通に売ってますよね?)

と思った私は三十路。息子はまだこの世に「テレビゲーム」というものがあることを知らない。

(追記)
今日付のやじうまWatchでもこのスレが紹介されていた。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-16 13:05 | よしなしごと
インフルエンザ予防接種
時期的にはちょっと遅めなのですが、同居人と二人で行ってきました。
小さな診療所のためか、最初予約する時に
「アンプルが2人分なので(封を切ったらすぐに使わないといけないので)申し込みは二人一組でお願いします」
と言われた。孤独な人とか、家族3人で打ちたい人とかはここではできないようです。

接種の前にお医者さんの問診を受けるのですが、
まず同居人が「よし今日は打てますね」とOKが出たのに、
次に私のOKが出るまで接種は待たされている。
もし私が今日接種できないと診断されたら、同居人も打てないんだそうだ。
なぜかというと「アンプルは2人分なので一人分余ってしまう」から(^^)。
なかなか難しいですね。

お医者さんには
「これはインフルエンザの症状を和らげるためのものだ。
普通のカゼは普通に引くよ」
とクギを刺された。なるほど。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-14 01:07 | よしなしごと
カーナビつけました
買って間もなく2年になる車にカーナビをつけました。
Panasonicのストラーダ、HS400Dという機種です。
オンダッシュ型(ダッシュボードの上にディスプレイを設置する)のHDDナビ。
子供が大きくなってきてあちこち連れて行くことも増えるだろう、という口実で財務大臣の許可が出ました。

MP3やMPEG4動画の再生機能はあるがオマケみたいなもの、なんというか「ナビだけ」といった割り切ってる機種です。
(そもそも光学ドライブがなく、データのやりとりはPCを介してSDメモリーカードで行う、、ちょっと面倒)

今の純正カーオーディオを家族が気に入っていて、こういう形になりました。
車の中ではアンパンマンのビデオなんか見てないで外を見ろ!ということで。

お店に行くときには別の機種を考えていたのですが、決め手になったのはよく通る道のルートを実際に引かせてみて。
(a)太い幹線道路を経由するがそこに行くまでの道が込んでいて時間がかかるルート と、
(b)少々裏道っぽくて曲がる回数も多いがすいすい進むルート 
という2つがあるコースなのだけれど、いつも走っている(b)ルートをきちんと引いたのはこいつだけだった、というのが好印象だった。ナビはルート引いてナンボですからね。
他のルートを引かせたら違った結果が出たのかもしれないけれど、最終面接でアピールに見事成功したのがこのHS400Dだったということです。

どうもまだ慣れていないので、前方よりも画面の方が気になって危なっかしくてしょうがない。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-13 00:41 | よしなしごと
私とファイナルファンタジー
「私とドラクエ」書いたのでバランス上。
でもこれは中味あるかなぁ。

FF1
1作目は世間からも割とノーマークだったのだが、目利きのいい友人が「面白そう」というので発売日に一緒に百貨店のおもちゃ売場へ。
しかし「入荷は午後からになるんですよー」と店員に言われ、少々時間が余る。もちろん行列などないので、時間になるまでテキトーに店頭のゲームを物色していると、同日発売だった「ファミリーテニス(ナムコ)」が目に入った。「あれ、これファミスタのシリーズやんな(←微妙に間違い)」「面白そうやな、これも買お」というわけで、めでたく入荷となったFFと一緒に買って帰る。
家(下宿)に戻ると、ファミリーテニスにはまってしまってFFはしばらく放置されていた。
パーティーを戦士+赤+白+黒にしたら、一見バランスがよいようで力不足を露呈。赤は役に立たない。

FF2
超特異な成長システム、どんどん死んでゆくゲストキャラという斬新すぎるゲーム、はまった。アルテマの魔法はそのうちすごくパワーアップするんだと信じていた。心地よく騙された。たぶんFFでいちばんプレイ時間が長い。

FF3
最初のダンジョンを出た当たりで面白くなくなって(早すぎ)やめて友人に返した。

FF4,5
未プレイ。

FF6
久々にやってみると、スーパーファミコンとは思えない美しい画面に驚く。でもオペラ座のイベントが終わったあたりで飽きて借りていた友人に返した。

FF7
プレイステーションの目玉ソフトだったので、これはやらんとダメだろうと思って買ってみた。買ったのは「2」以来。
ゲームも進化したよなあとしみじみした。ソフトは普通に面白かった。

FF8,9,10,11
未プレイ。

ほら、中味がなかったよ!

結局、このシリーズは自分の肌に合わないということなのだろう。
そういう相性というのは確かにある。
似たようなものに「宮部みゆきの小説」というのがある。
たいへん実力のある作家で、どれも優れた作品ということはわかるんだけど、どうしても読み進めない。
上巻だけ読んで放っていたり。
「上巻だけで終われるなんて信じられない!」と驚かれたこともあるが仕方がない。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-10 00:32 | よしなしごと
ブログで会社をクビに!?
HOTWIREDの記事より。ブログに書いた記事が基で会社を解雇されてしまった話。
会社勤めの身にはガクガクブルブルものだが、業務上知り得た機密事項をブログでばらしたりしたらそりゃ問題だと思う。だが記事にはそうでない事例が挙げられている。

1.制服姿の写真をブログに掲載した航空会社の客室乗務員
2.Microsoft社内にあるPowerMacG5の写真をブログに掲載したマイクロソフト派遣社員
3.会社の同僚の性格についてブログで言及したウェブデザイナー

微妙なところだ(だから記事にもなるのだろう)が、一番の問題は「掲載していいこと、悪いこと」の基準があいまいなことで、ブログに関する明確な方針を作成すべきだという研究者の話を紹介している。

とはいえ、私の会社はそれ以前のような気もする。人事担当に問い合わせたところで
「実は私、ブログやってるんですけど」
「ぶろぐ?何やそれ」
から先に進みそうにない。

…はっ、ひょっとして私は今会社の機密情報を書いてしまったのか?コワー

ブログで会社をクビに——米国で解雇例が続出(Wired News)

More
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-09 01:03 | よしなしごと
ヲタ英才教育
b0062127_1792772.jpgうちには「新横浜ありな」のフィギュアがございます。(写真中央)
知らない方のために解説しますと、今年の「ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展●日本館」
公式カタログの付録でございます。
今年の日本館のテーマは "OTAKU: persona = space = city"、ということで一部ではかなり話題になりました。(主催は国際交流基金です。こういう用途にはぜひ税金使ってください)


b0062127_1752322.jpg
カタログとフィギュアがうちにある理由は置いておくとしまして、
息子(2さい)がこのフィギュアに興味を持ってしまいました。
興味といっても彼の関心は、女の子がまたいでいる「でんしゃ」と女の子が踏みつけている「くるま」にあるようで、
「あーでんしゃ!」
「くるま、しっぱいねー」(ひっくり返っているという意味らしい)
に留まっているあたりまだ救いがあります。
この種の文化の早期英才教育にはまだ早すぎるので、気をつけねばと思います。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-12-04 17:14 | よしなしごと