<   2004年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
印度株投資
会社の同僚が「これからはインド株!」というので、
半信半疑でいろいろ調べていましたが、知らないうちにファンになってしまって、
インド株ファンドを買ってみました。

HSBCインドオープン

インド株ファンドをネットで買えるとはいい時代になりましたね。

リスクのかなり大きな金融商品ですのでそんなにたくさんは
買えませんが、ちょっと面白そうです。
カレー食べてアッサムティー飲んで応援することにします。
インドさん、隣国とは仲良くして下さいね。
(日本も他国のことは言えんが)
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-30 12:06 | とうし
私とドラクエ
ドラクエ8の攻略とか感想とか、そういったものではないのでご注意下さい。

ドラクエ2
友人から借りて遊んだ。
この世にこんな面白いゲームがあったのかと思った。

ドラクエ1
2の後で友人から借りて遊んだ。
2の前にやればよかったと後悔した。

ドラクエ3
なぜか近所のおもちゃ屋で普通に買えた。
ゲーム始まってすぐのお城のBGMに感動してそのまま15分聴いていた。
ルイーダの酒場にいるキャラは全員レベル99。

ドラクエ4
3の時お世話になった近所のおもちゃ屋で「もう予約は終わったよ!」
と言われたので当日デパートに並んだ。えらい目にあった。

ドラクエ5
スーパーファミコンになっても何も変わってないなと思った。
例のイベントでどちらを選ぶか2時間悩んだ。もう社会人なのに。
キラーパンサーの名前を普通に「ゲレゲレ」にしたら、
周りから変態扱いされた。
なぜ?かわいさと強さを併せ持った名前なのに。

ドラクエ6
ゲームに割ける時間がだんだんなくなっていく。
2ヶ月かけてなんとかエンディングを見たが、再プレイする気はなかった。
あのドラクエでこんな気分になるとは考えても見なかった。

ドラクエ7
PSになっても何も変(ry
途中ブランクがあったためにストーリーとフラグの進行具合を忘れてしまい、
クリアをあきらめた。別に残念だとは思わなかった。
ソフトは親戚へ永久貸し出しとなり、今は手元にない。

ドラクエ8
世間では発売になったようだが、まだ買っていない。いつ買おうか。
いろんなところを見てたら、んー、やっぱり面白そうじゃないですか!
まあプレイする前はいつもそう思っているんですが。

昔の自分なら、きっと「プレイ日記」とか書いていたんだろうなあ。

(すべてオリジナル版による体験です)
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-29 20:55 | よしなしごと
記事をいくつか移転
アメーバブログの方(更新停止)で書いていた記事を、いくつかこちらに移転しました。
10月ごろのものが中心です。
時事ネタで鮮度が落ちてしまったものは、打ち捨ててあります。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-27 18:36 | よしなしごと
「物は言いよう」
斎藤美奈子の新刊です。

評論デビュー作「妊娠小説」以来、斎藤美奈子の著書はほとんど読んできた、早い話がファンです。

(今は亡き)噂の真相に連載されていたコラム「性差万別」に大幅加筆し、「実用書」にまで仕立て上げてしまってます。
これまで斎藤美奈子の著書を読んで役に立つことはなかった(けなしているわけではありません念のため)のですが、驚いたことに本当に実用書になっている。

セクハラ・性差別的な公人の発言を取り上げて「どこがどうダメなのか」「じゃあフェミコード(著者の造語。FC)にひっかからないためにはどうすればいいのか」まで事細かに解説してくれる。むろん発言主の意識もきちんと批判。

「こんなことを言っちゃうなんて許せない!」ではないのです。
「あなたがどういう思想を持っていても自由だけど、公の場でこんなことを口にするのは、なんというか品位がアレだよね」という「コード」という面からたしなめてくださる。
どうしちゃったのだ斎藤美奈子。こんなわかりやすくていいのか。きっと裏があるに違いない(マテ)。

後半では最近何かと話題の「ジェンダーフリー教育」批判がとりあげられる。
まず「『新しい歴史教科書』が思ったように広まらないんで次のネタを探してきたんでしょ。違う?違ってもいい、私ならそうするってだけの話」と一発かました後、
その批判の的外れ具合(「ジェンダーフリー」と「ジェンダーレス」の混同)を「12色入りの絵の具箱」の喩えでもって説明する。なかなか爽快です。そして返す刀でジェンダーフリー教育派も「優先順位がでたらめな机上の空論」と斬りまくり。
(ちなみに私は生物的にもジェンダー的にも男性である)

ちょっと脱線するが、「ジェンダーフリー」をGoogleで検索すると、一番目が「世界日報」で二番目が「自由主義史観研究会」のサイトです。まあなんだかなあであるが、この二番目のとこで「公民授業実践報告」をしておられる先生は、典型的な「ジェンダーレスとの混同」という誤りを犯していますね。挙げておられる参考文献も、本書を読んだあとではなかなか香ばしく感じます。


付録として収録されている「夫や妻のことを話す時、どう呼ぶか」問題も面白い。
私も実はこれには困っていて、「ぼくの同居人がね」みたいにちょっとスカした言い方をしていたのだが、ある時相手から「あれ、籍入れてないの?」と聞かれて説明が面倒になったのでいろいろ試してみてもしっくりこない。
ちなみに私の勤務する会社内では、デフォルトは「うちの嫁が」です。
「嫁」は、本書では例にすら出てこない。良い悪い以前の「論外」ということでしょう。
まあ、そんな会社ですわ。_| ̄|○
結局この問題は本書を読んでも自分の中では結論が出ないままで、「実用書」度はちょっと低くなった。(^^)

「物は言いよう」斎藤美奈子
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-26 00:48 | よみもの
新明解国語辞典
第六版が出ました。

第五版の序では
「これが第二世代のしめくくり、二一世紀は第三世代の新『新明解国語辞典』を送り出す」
と宣言されていた。
その理由は新明解を「新明解」たらしめていた編集主幹・山田忠雄氏の死去(第五版リリース直前)にある。

そう思って第六版を手にしてみたら、編者の筆頭はまだ「山田忠雄[主幹]」のままである。あれれ?
第三世代に生まれ変わる(それが良いのか悪いのかは別にして)のはもう一版先のようだ。

「恋愛」などの個性的な記述が話題になることが多い辞書だけれども、
「右」「東」「メートル」といった基本的な、しかし具体的な説明が難しくて堂々巡りになりがちな言葉の語釈も実は侮りがたい。
伊達に「小型辞書ナンバーワン」を誇っているのではないわけだ。

それにしても版を重ねる毎に「実感語釈」がどんどんマイルドになっていく(=面白くなくなる)ように感じるのはなぜだろうか。
第二版から愛用している自分にとっては、どうにも残念でならない。

買おうかどうか、まだ考え中です。
第六版発売
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-24 13:03 | よみもの
常套句
テンから鞍上を振り落とさんばかりの勢い
飛ばしながらも最後まで脚色は一糸乱れず
まさにデビュー以来一番のデキといっても過言ではない
道中はゴムマリが弾んでいるような素軽さ
G前は数字以上の鋭さ
目イチに追っていれば12秒台前半も可能な脚勢
追えば追うほど伸びている感じ
直線で仕掛けられると重心が沈んで鋭く反応
馬体にも張りはあるしなにより厚みが増してきている
小気味よく軽快な走り
鞍上が何もしないのに自ら前に出ようとする気迫を見せ
叩き2走目でグンと体調を上げている
3ヶ月ぶりでも臨戦態勢はほぼ万全
久々をひと叩きされた効果テキメン
………

競馬の追い切り調教のレポートは、単に「好調」「不満」とか書くだけでは物足りないのか、上記のような形容がよくつきます。
というか、あまりバリエーションがないのかこれらの言葉を順に組み合わせて文章を書いているみたい。(いつ読んでも同じ言葉が並んでいる)
結局どうなのか、よくわかりません。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-23 00:06 | スポーツ
PSP実機広告(大阪駅)見た
b0062127_1825357.jpg

ARTIFACTさんのところにある新宿駅の写真のようにはいかず、たった4台の少数精鋭(?)展示になってました。
JR大阪駅の桜橋口と地下鉄西梅田駅を結ぶ地下道というそんなに人通りの多くない場所なので、じっくり見られるという利点はありそうです。
掲出は11月21日まで。

プレイステーション・ドットコムの予約販売は即時完売だったようですね。
PS2予約時の奮闘ぶりを思い出しました。
あのときはサイトに全然つながらなくて、当時ダイヤルアップ接続だったので電話代も気になって(^^)。
いったんあきらめて寝たものの数時間で目が覚めて、起き出してつないだらなぜかサクサクつながったものの最後の確認画面でコケたり(結局、無事注文は受け付けられていたのですが)。
ゲームへの思い入れはもうあまりないためか、今回のPSPは眺めているだけで、実機広告を見ても "欲しい感" はあまり沸きませんでした。

ドラクエの新作はそのうち遊んでみようかと思います。
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-19 18:25 | よのなか
はばタン
b0062127_0493866.jpg
再来年は兵庫県で国体をやるらしい。
そのマスコットは「はばタン」
表情が妙に豊かで、ゆるキャラぶりを存分に発揮しております。
はばタン倶楽部

で、正しい表記は「はばタン」なのですが、間違えて「ハバタン」でGoogleイメージ検索したら1件だけヒット。(エントリ時点)

これは「ハボタン(葉牡丹)」じゃないか!w
Good Job, Google!

(この記事はこちらからの移転です)
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-19 00:54 | よのなか
REIT!
REIT(りーと・Real Estate Investment Trust)と呼ばれる金融商品があります。
投資信託の一種で、資金を不動産(ビルとかですね)で運用し、賃料や売買益などの収益を配当するものです。

いくつか銘柄があるうちのひとつを試しに1株(って呼ぶのかな?)買ってみて、
この前配当金が送られてきました。
結構良い利回りだったんでまあいいかなと思っていたんですが、そのお知らせと一緒に「運用状況の説明」が家に届きました。

その冊子に「本投資法人が所有している不動産」ということで、ビルの外観写真がたくさん掲載されていたんです。

それ見て、「このファンド売っちゃおう…」と思いました。
だって怪しげなビルばっかりだったんだもん。
(そんなこと、買う前に調べろよって? ごもっとも。)

**REITは今のところ利回りは良いですが、
元本割れリスクがあるので損失を被る場合もあります。
投資は自己判断で**
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-18 00:57 | とうし
15歳投手を育てられるのか?
タイガースは高卒選手を育成するのが下手だからなあ…。
最近でも無事主力に成長したのは井川(97年2位)、新庄(89年5位)くらい。辛うじて関本(96年2位)か。
PL出のやんちゃ坊主桜井(01年4巡)は元気かな?
期待の濱中(96年3位)は故障させてしまった。
井川ならどのチームに入っても、少なくとも今以上の投手にはなってただろうし。

ましてや辻本くんは高卒どころか(日本で言えば)中学を出たて、15歳。
もし入団するなら、
5年ほどカープにレンタルで預けて育成をお願いするというのは如何?
あと濱中もつけて。
阪神・ドラフト8巡目に15歳辻本(投手)指名
[PR]
by gyogyo-6 | 2004-11-17 15:35 | Tigers