<   2005年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
くぎ煮の季節
家族で近所の生協に行ったら、鮮魚売場に
「生新子の入荷は3月7日から」
という告知がありました。もう「いかなごのくぎ煮」の季節ですねー。

いかなごのくぎ煮。姿が錆びた釘のように見えることからこう呼ばれるのですが、春先に採れるいかなごの稚魚(新子と呼びます)を、醤油や何やらで保存食にしたもので、播磨瀬戸内沿岸の風物詩です。あるいは松浦亜弥(姫路出身)が昨年1月「はなまるマーケット」に出演した時に「おめざ」として紹介していたのを覚えている人がいるでしょうか(TBSのサイトにはもうファイルがないので、Webarchiveへリンクしています)。「はなまる」サイトには
商品は大丸東京店、伊勢丹などの佃煮屋さんで売っています
などと書かれていましたが、地元ではそんな大層なものではありませんって。家庭料理です。
普通のスーパーにも入荷日の告知が出るくらいに、このへんの家庭は新子が店頭に出るのを待ちかまえています。「食べる・聴く」さんのエントリも参照(このエントリはリンク先に触発されて書いています)。


私の実家は明石市、まさにいかなごが水揚げされる明石漁港が近くにあり、母や祖母は魚の棚(魚屋が集積している商店街です。ちなみに「うおんたな」と読む)の魚屋まで出かけ、大量に買って調理していました。
家で作っていたくぎ煮は、一般的なものよりかなり柔らかめの仕上がりでした。家族に歯の悪い人がいたことへの配慮かも知れませんがよくわかりません。新聞や雑誌で紹介されることが多くなってからは、標準(?)に合わせてなぜかだんだん堅くなっていったのが笑えました。私は柔らかいのも好きだったのですが。
大学時代には、この時期下宿先に実家からドカンと送られてきました。とはいっても私は自炊に挫折していたので、すべて平らげるのに相当苦労していた記憶があります。

今は私と同居人、双方の実家からおすそ分けしてもらいます。微妙に、いや相当味付けが違うので、その差も楽しみながらいただいています。自分ちで作らないのかって? それはもらえなくなってから考えましょう(^^)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-28 17:52 | よしなしごと
占領中
b0062127_1422583.jpg

いつも利用している駅の広告が「教えて!goo」に占領されていた
すべての質問
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-25 01:43 | よしなしごと
とは言ふものの
世の中を変える人こそうれしけれ とは言ふもののお前ではなし


私のほりえもん観を蜀山人風(いや百鬼園先生か)に言うとこんな感じです。

ところで裁判所って夜中でも開いてるんですか。
(追記)開いてるんですね。仮処分申請出ました。これが命取りにならなければよいのですが。

普通なら8:2くらいでライブドアに正当性がありそうですが、堀江社長の軽々しい言動がこれを5:5くらいにしている(ニッポン放送の主張に正当性を与えている)気がします。5対5なら丁半バクチと同じです…。そんなものは投資と言わんで。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-24 19:56 | とうし
引き際が肝心?
バトルを司法の場に持ち込むのはリスクが大きいよなあ。
自分たちの主張が通ればいいけど、
主張が認められなかった場合にライブドアの被るダメージは致命的なものになる。
「いやきっと勝ちますから」で株主は納得するだろうか。

プロ野球の新規参入バトルの勝ち負けとは全然違う。
「お金が大事」だったら、ここは撤退してフジのTOBに応じるのが賢明な経営者の選択ではないかなあ。正義だとか市場の原則がどうとかはこの際置いといて。
正義を信じて自らが破滅する(というリスクを取る)のはまずいでしょう。

などということを、今ほりえもんはさんざん周りから聞かされているんでしょうな…。「私に任せなさい、話をつけてやる」みたいなフィクサーを名乗る人の接触も多そう。

ところでほりえもんの社長ブログ
コメント欄が熱いですね。
応援する人、批判する人、中には誰でも考えつくようなことを「○○してはどうでしょうか」とご親切に「アドバイス」してあげてる人もいる。
ほりえもん応援団には、小中学生と思しき子供からの書き込みも目立ちます。若い人の期待を裏切るのはなにより一番の罪だと思います。すっきりした落とし前を。(なんだか人ごと)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-24 18:20 | とうし
君も詩織ちゃんになれるorz
君って誰なんだ、君って
なんか非常にキモイ図を想像してしまった。
きらめき高校は男子校ですか?
女子も入学してくるのかしらん。

1作目(PS版だが)には見事にはまった。(後は知らない)
同居人に「このゲームがいかに傑作であるか」を力説してあきれられたこともある。
でもMMO版ってどんな仕様になるんだろう。単なる出会い系ならときメモの名前でやる意味がないし、それ以上の何かが用意されているのかなあ。
元メモラーとしてちょっと気になる。まだ儲けるつもりですね。

と、またもや柄にもなく憂えている私でした。

ときめきメモリアルonline 公式サイト
この見出しはいかがなものか。(Gpara.com)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-24 18:12 | ねっと
地理音痴は笑って済ませられないよ
アメリカ人は世界地理を知らないとよく言われる。パスポートを持っていないのは当たり前、自分の州から出たことのない人も大勢とか。
「私の自慢の息子はイラクに自由と平和と民主主義をもたらすために出征しているのよ」と誇らしげに話す母親が、息子が戦っている国がどこにあるのか知らなかったり。
アメリカ人は自国のことにしか興味がないと批判される象徴が、この「地理音痴」というわけです。「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が昔売れたが、世界地図を一番読めないのはアメリカ人だと。

それにひきかえ日本人はちゃんと世界に目を向けていて、と話が続くはずが、どうやらそうでもなさそうだ。
日本地理学会の調査で、メディアによく登場した国の位置を知らない大学生・高校生が多いことが明らかになったという。「それにひきかえ」どころではなかった。
「ゆとり教育の弊害だ」「地理が必修でなくなったから」などと理由があれこれ推測されているが、それが原因だというならまだましだろう。海外に目を向けず、国内の出来事にしか関心のない若年層が増えているのだとしたら深刻だ。この国の未来に暗い影を落としかねない。

イラクの場所は4割以上が正しく答えられなかったそうだ。答えられなかった人は去年「人質の自己責任」を盛んに論じていた人とは別人だと思いたいが。

なんて、柄にもなく行く末を憂いてみました。

イラクの位置知らない大学生4割 地理学会調査(asahi.com)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-24 00:01 | よのなか
マイカー退院
先週の日曜日からエンジン不調で入院していたクルマが退院してまいりました。
バルブのひとつがイカレていたとのこと。
買って2年、10000キロを超えたばっかりのクルマ、これまでにもマイナートラブルは結構あったのですが、こんなやばめの故障は初めてでした。一度信号待ちのアイドリング中にエンストしてしまって冷や汗が出た。
うーん、やっぱり日本車にしていた方がよかったかなあとこういう時だけは思います。直っちゃったらそんなことすぐ忘れるんですが。
あとは猛暑の夏かな、エアコンの利きがどうにも悪いので。これも秋になったら忘れるんですが。

ちなみにこんなやつです。コンパクトマンセー。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-23 00:38 | よしなしごと
子供は親を選べない
あちこちでリンクされている
「かわいそうな名前をつけられてしまった子供一覧」

本当にかわいそうな
>端穂(みずほ。瑞穂でなく)
ちゃんには同情する。「三浦知良」系でしょうか。

「天使(えんじぇる)」ちゃんというのが挙がっている。
私の住む市の広報紙に、市民自慢の我が子を紹介する定番コーナーがありますが、そこで「天使(あんじぇ)」ちゃんという女の子が紹介されていてのけぞったことがあった。「えんじぇる」よりもハイブロウだ。何が。

フィギュアスケートの「安藤美姫」も、大会で活躍しなければ「おこがましくてかわいそうな名前」扱いされていたかも知れない。スケートが上手でよかったねと思う。

子供の名前はすべて親の責任ではあるのですが。

ところで私の親類にも妙な話がある。
私の2歳違いの親類の一人、命名したのは親ではないそうだ。
親が考えた名前があって、祖母がそれを持って出生届を出しに行ったのだが、役所に行く途中に「きれいなお天道様を見てひらめいた」と、全然違う名前を届けて帰ってきたという。
最初に考えていた名前が何だったのか、今も教えてくれない(そりゃそうか)。
でも、代わりにつけられたという今の名前も素敵だと思います。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-22 18:51 | よのなか
ブログの書籍化(続)
くろんの風さんからトラックバックを頂いたので、もう少し考えてみました。
(先方のコメント欄に書いたものとほぼ同じです)

このアンケートの詳細が分からないので憶測も入っていることを先に断りますが、
「出版したい=30%」というのは「何が何でも本を出してデビューしたい」文筆業予備軍の人たちではなく、もっと受動的な考えでそう答えたのかも知れません。
要するに「あなたのブログを書籍化させて下さい」と出版社からオファーがあったとしたら承諾する率。本当にそんな依頼が来そうな内容のブログかどうかは無関係で。

自分だって、「ぜひ書籍化させて下さい」なんて言われたら考えてしまう。ありえないけど。ただその後に「つきましては必要経費として××万円ご負担いただき…」(要するに自費出版)と続いたら「ならイラネ」です。
出版したいと答えた人は、「書籍化=印税収入=臨時収入」的な考えで「イエス」と答えたのではないでしょうか。しかしそんな例は言うまでもなくわずかで、ことのはさんも言及している(前エントリ参照)とおり「本を出したい人相手に商売する出版社」だけが儲ける図式に絡め取られる可能性が高いんじゃないかと思う。

もちろん抜群に面白いブログは存在するし、そういうブログの書籍化は全然別の話になるでしょう。「書籍化されたものを読みたい=30%」というのがそんな書籍に対する購買欲だろうというのはわかります。

お金を払ってブログを本で読みたい30%と、お金を払って?ブログを本にしたい30%はずいぶんずれている印象があります。
くろんの風さんのエントリともちょっとずれてしまいましたが。

私がやるとしたらせいぜい、内容をPDF化して知り合いに配って迷惑がられる程度が関の山でしょうか。
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-22 12:46 | ねっと
ブログを「出版したい」率30%
「購入したい」率のほうは分からないでもないですが、自分のブログを書籍化したい人が約3割?
さらに、自分が Blog を執筆しているとしたら、それを書籍化したいと思うか尋ねてみた。それによると、「書籍化を希望する」ユーザーが30.7%という結果になった。書籍化を「希望しない」ユーザー(69.3%)は意外と多いことがわかった。

うーん、皆さんどんな面白い文章を書いておられるのか分かりませんが、書籍化するとは「買い手を見つけ」なければいけないことを忘れているのではないでしょうか。
大昔、私の父親が共同自費出版で本を出しましたが、営業(って言うんですかね)には相当苦労していた記憶があります。父の場合は仕事の記念のようなものだったらしく、それでもよかったのかも知れませんが。
あるいは同人誌みたいなノリで考えているのでしょうか。コピー本限定100部とか、そういうのならわかる。
みんながみんな「電車男」やら「実録鬼嫁日記」を書けるもんじゃないですよね。
(ん?30.7%の人は書いてるのかな?)

とここまで書いたところで、絵文録ことのはさんの考察を見つけた。いつものことながら非常にまとまっているのでこのエントリはここで打ち切り(^^)。

誰もが作家の Blog 出版ブーム、「購入したい」「書籍化したい」ともに約3割(internet.com)
[PR]
by gyogyo-6 | 2005-02-21 19:01 | ねっと